[画像]若い頃からの木村拓哉の輝ける軌跡 〜少年からスーパースターへ

若い頃からの木村拓也の輝ける軌跡 芸能

[画像]若い頃からの木村拓哉の輝ける軌跡 〜少年からスーパースターへ

木村拓哉さん輝ける軌跡

木村拓哉さん輝ける軌跡

 時代を彩ったトップスター:永遠のアイドル、木村拓哉。

「木村拓哉」その名を知らない人は少ないのではないでしょうか。
デビュー当時から人気があった木村拓哉さんですが、さらにファン層を増やしたのが、1990年代のドラマ「ロングバケーション」でした。
このドラマで、大ブレイクして以来、瞬く間にファン層が広がり彼は常に第一線で活躍し続けています。

俳優、歌手、ダンサー、そしてエンターテイナー。
若い頃から、木村拓哉さんは、その多才さで多くのファンを魅了し続け、常に新しいことに挑戦し、進化し続けています。

40代、50代になっても、その輝きは衰えるどころか、むしろ増し続けています。

木村拓哉さんは、まさに永遠のアイドルと言えるでしょう。

そんな木村拓哉さんの輝かしい経歴と、その魅力を多角的に分析して、少年がスーパースターへと歩んでいく道のりを振り返りながら、木村拓哉さんの魅力を存分に味わってください。

スポンサーリンク


1987年:15歳でジャニーズ事務所に入所

当時、15歳木村拓哉さん

当時、15歳木村拓哉さん

親戚が履歴書を送り、見事合格を果たし、15歳の木村拓哉さんは旧ジャニーズ事務所に入所しました。(現在のスマイルアップ・2023年10月社名変更)

光GENJIのバックで踊る

光GENJIのバックで踊る

入所当初は、他のジャニーズJr.と同様に、レッスンに明け暮れる日々を送り、1987年、当時活躍中の光GENJIのバックで踊るメンバーの一人になりました。
スケートボーイズと言うグループです。

当時のスケートボーイズ

当時のスケートボーイズ

スポンサーリンク



1988年:16歳で「SMAP」デビューする

SMAPとしてデビュー

SMAPとしてデビュー

その才能はすぐに開花し、1988年にはドラマ「あぶない少年Ⅲ」本人役でドラマに出演

 

あぶない少年Ⅲ

あぶない少年Ⅲ

その後、木村拓哉さんは数々のドラマや映画に出演し、瞬く間に人気アイドルへと成長していきました。

1996年には、ドラマ「ロングバケーション」主演を務め、初回視聴率30.6%を記録する大ヒットとなります。
「ピアノを習う男性が増える。」とか「月曜日は街からOLが消える」などの社会現象をお越し
当時は、「ロンバケ現象」と呼ばれました。

このドラマで、木村拓哉さんの演技力は高く評価され、このドラマは、木村拓哉さんを日本中に知らしめた出世作であり、彼の代表作の一つとして今も語り継がれています。

スポンサーリンク


1996年:24歳でドラマ「ロングバケーション」でブレイク

ピアノを弾く瀬名役

ピアノを弾く瀬名役

1996年、木村拓哉さんにとって飛躍の年となった。

「月9」と言われる枠で放送されたドラマ「ロングバケーション」で主演を務め、最終回は視聴率36.7%を記録する大ヒットとなりました。

このドラマは、結婚式当日に新郎に逃げられたキャリアウーマンの葉山南(山口智子)と、彼女と同居することになった無職のピアニスト・瀬名秀俊(木村拓哉)の恋愛模様を描いた作品。
ロングバケーション

ロングバケーション

このドラマは「街からOLが消える」とまで言われた伝説のラブストーリーです。

揺れ動く二人の心

揺れ動く二人の心

木村拓哉さんは、自由奔放で掴みどころのない瀬名秀俊を魅力的に演じ、多くの女性を虜にしました。

甘く切ない恋

甘く切ない恋

このドラマのヒットによって、多くの年代のファンの心をつかみ一躍トップスターの仲間入りを果たします。

ロンバケ

ロンバケ

キュンキュンするドラマで、当時の山口智子さんもトレンドドラマの女王でした。
木村拓哉さんは、その後も数々のドラマや映画に出演しています。

スポンサーリンク



SMAPのメンバーとして、歌番組やバラエティ番組で活躍

SMAP:6人の頃

SMAP:6人の頃

木村拓哉さんは、SMAPのメンバーとして、歌番組やバラエティ番組でも活躍しました。

歌番組での活躍


SMAPは、1988年にデビューした6人組アイドルグループです。
当時のメンバーは、木村拓哉、中居正広、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、森且行の6人です。
(1996年に森且行はレーサーになる夢を果たすため脱退)

SMAPのメンバーとして活躍

SMAPのメンバーとして活躍

歌番組では、常にトップパフォーマンスを披露し、多くのファンを魅了しました。

1992年/9月:当時20歳初シングル「Cant Stop!! -LOVING-」をリリースしました。

この曲で!

日本歌謡大賞
第22回 優秀放送音楽新人賞
第23回 放送音楽プロデューサー連盟賞を獲得。
ゴールデン・アロー賞
第29回 最優秀新人賞を獲得。
メガロポリス歌謡祭
第11回 最優秀新人賞を獲得。
デビュー曲

デビュー曲

解散までのシングルは全部で55曲となり、SMAPの代表曲を3つ挙げるとしたらこの曲ではないでしょうか。

世界に一つだけの花 (2003年) 31歳
SMAP最大のヒット曲であり、国民的な応援歌として愛されています。作詞作曲は 槇原敬之さんが手がけました。草彅剛主演:「僕の生きる道」の主題歌

この曲で!

日本レコード大賞
第45回 金賞(大賞ノミネート作品)

心を揺さぶる「世界に一つだけの花」金賞辞退の真実

2003年、社会を揺るがすような出来事が起こりました。オリコン年間シングルチャート1位を獲得したSMAPの「世界に一つだけの花」は、第45回日本レコード大賞金賞候補25作品にノミネートされながらも、ジャニーズ事務所とビクターエンタテインメントの連名で辞退するという衝撃的なニュースが発表されました。

その理由として、「ナンバーワンを目指すよりはオンリーワンを大切にしたい」というコメントが発表されました。当時、イラク戦争勃発直前という時代背景もあり、花や個々人を賛美することで平和の大切さを訴えるという楽曲のメッセージと、競争よりも個性を尊重するというSMAPの姿勢が、多くの人々の心を揺さぶりました。

金賞という栄誉を辞退するという決断は、単なる話題作りではなく、音楽を通して真のメッセージを届けたいというSMAPの強い意志の表れでした。それは、音楽に込められた深い想いと、時代を映し出す社会的なメッセージが融合した、歴史的な出来事と言えるでしょう。

「世界に一つだけの花」は、今もなお多くの人々に愛され続ける名曲です。金賞という栄誉を手にすることはなかったものの、SMAPの真摯な姿勢と、時代を超えて響くメッセージは、人々の心に深い感動を与え続け、音楽史に永遠に刻まれることでしょう。

世界で一つだけの花

世界で一つだけの花

夜空ノムコウ (1998年) 26歳
大ヒットし、SMAPの知名度を大きく高めた曲です。切ないメロディーと歌詞が印象的で、多くの人の共感を呼んでいます。

この曲で!

日本ゴールドディスク大賞
第13回 ソング・オブ・ザ・イヤー獲得。
夜空ノムコウ

夜空ノムコウ

 

らいおんハート (2000年) 28歳
SMAPの代表的なダンスナンバーであり、ライブで盛り上がる定番曲です。力強い歌声とパフォーマンスが魅力的な一曲です。

この曲で!

日本ゴールドディスク大賞
第15回 ソング・オブ・ザ・イヤー獲得。
らいおんハート

らいおんハート

上記以外にも、SMAPには数多くのヒット曲があります。

どの曲もそれぞれ個性的で、SMAPの魅力が詰まっています。ぜひ色々な曲を聴いて、あなたのお気に入りのSMAP曲を見つけてくださいね。

スポンサーリンク


バラエティ番組で活躍

スマスマ

スマスマ


SMAPは、バラエティ番組でも高い人気を誇っていました。
代表的な番組としては、「SMAP×SMAP」、「夢MORI」などがあります。木村拓哉さんは、これらの番組で持ち前の明るさとトーク力で、多くの視聴者を笑わせてきました。

笑いあり

笑いあり

 

コントでホストに

コントでホストに

女装もこなしましたが、笑えるよりも、キレイでびっくりするほどでした。
身のこなしも、女性らしかったです。楽しい笑いが盛りだくさん。

 

美しい

美しい

そうかと思えば、「SMAP×SMAP」では「ビストロSMAP」と言うコーナーがあり料理の腕まいを時間制限付きで競うコーナーがあり木村拓哉さんは料理の腕まいも上出来です。

ビストロSMAPpng

ビストロSMAP

スポンサーリンク



SMAPの解散

解散発表

解散発表

SMAPの解散は、2016年8月14日に突如発表されました。
事務所からFAXで、各メディアに送られた。
各メディアは大きく、このビッグニュースを取り上げました。
「人気グループSMAP 12月31日で、解散!事務所が発表」

当時、五輪中継を約2分間中断して、NHKが芸能ニュースのみで、スタジオから特設ニュースを放送するのはかなり異例のことで、これだけでも当時のSMAPが国民的に愛されていた証です。

当時、メンバー間の意見対立や、事務所との確執などが原因と報道されました。

木村拓哉さん以外のメンバーが独立を希望しているとされました。

SMAP解散発表

SMAP解散発表

2日後の8月16日のスマスマで、メンバーの口から直接、解散の声が聞けました。

18日のスマスマで、番組は黒バックに白文字で
『今夜のスマスマは一部内容を変更してお送り致します』のテロップで始まりました。

代表曲「世界に一つだけの花」をバックにした映像とファンのメッセージが流れると、5人の姿が
映し出されたこのシーンは黒いカーテンの前にスーツ姿の5人が左から中居、草彅、木村、稲垣、香取の順に並び、それぞれが視聴者にメッセージを述べる形で進みました。

彼らからのメッセージです。

木村拓哉
「今日は、2016年1月18日です。
先週から我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。
そしてたくさんの方々に、たくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。
このままの状態だと、SMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人が、しっかり顔をそろえて、みなさんに報告することが何よりも、大切だと思いましたので、本当に勝手だったのですが、このような時間をいただきました。」

 

稲垣吾郎
「この度は 僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っております。
これからの自分たちの姿を見ていただき、そして、応援していただけるように、精一杯がんばっていきますので、これからもよろしくお願いいたします。」

 

香取慎吾
「本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。
皆さまと一緒にまた、今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。
よろしくお願いします。」

 

中居正広
「今回の件で、SMAPがどれだけ皆さんに支えていただいているのかということを改めて強く感じました。
本当に申し訳ございませんでした。
これからも、よろしくお願いいたします。」

 

草彅剛
「皆さんの言葉で、気づいたこともたくさんありました。
本当に感謝しています。
今回、ジャニーさんに謝る機会を木村君が作ってくれて、今、僕らはここに立ててます5人でここに集まれたことを安心しています。」
木村拓哉
「最後に、これから自分たちは、何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いいたします。

 

その後、SMAPは2016年12月31日をもって解散しました。

解散後、メンバー5人はそれぞれソロ活動を続けています。

解散時の状況
・2016年8月14日、SMAPの解散が発表される。
・解散の原因は、メンバー間の意見対立や、事務所との確執と報道される。
・2016年12月31日、SMAP解散。
・解散後、メンバー5人はそれぞれソロ活動を続けている。


2016年12月31日、木村拓也さん当時44歳の時に、SMAPは解散しましたが、解散後も、木村拓哉さんは俳優として活動を続けています。ドラマ、舞台、ラジオ、ネット配信動画、CM、数多くの作品に出演しています。

スポンサーリンク


ドラマや映画で主演を務めた

ドラマ
木村拓哉さんは、SMAPの活動と並行して、数々のドラマに出演し、その演技力で高い評価を得ています。代表的なドラマ作品としては、

「ロングバケーション」 山口智子さんとのW主演

ロングバケーション:瀬名役

ロングバケーション:瀬名役

 

「ラブジェネレーション」 松たか子さんとのW主演

ラブゼネレーション

ラブゼネレーション

 

「HERO」 木村拓哉さん主演

HERO

HERO

「プライド」 木村拓也さん主演 

プライド

プライド

 

「GOOD LUCK!!」 木村拓也さん主演

グッドラック

グッドラック

 

 

「A LIFE~愛しき人~」 木村拓也さん主演
SMAP解散後、初の連続ドラマ

a life~愛しき人

a life~愛しき人

 

「教場」 木村拓也さん主演

教場

教場

 

「未来への10カウント」 木村拓也さん主演

未来への10カウント

未来への10カウント

 

など多くの作品があります。

映画
映画でも活躍し、その存在感を発揮する。
代表的な映画作品

「HERO」 木村拓也さん主演

HERO:映画

HERO:映画

 

「武士の一分」 木村拓也さん主演

武士の一分

武士の一分

 

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 木村拓哉さん主演

SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマト

 

 

「無限の住人」 木村拓也さん主演

無限の住人

無限の住人

 

「マスカレード・ホテル」 木村拓哉さん主演

マスカレードホテル

マスカレードホテル

 

を初めとして、多くの作品があります。

スポンサーリンク



若い頃からの木村拓哉を一気に振り返る

当時:18歳

「映画みたいな恋したい」当時:18歳

10代の出演作品

年代 タイトル 画像
1988/10 あぶない少年III
(当時16歳)

当時15歳

当時16歳

1990/4 おとうと
(当時18歳)

当時17歳

当時18歳

1991/1 松葉杖のラガーマン
『ラグビーやってて
良かった!』
(当時19歳)

当時18歳

当時19歳

スポンサーリンク


20代の出演作品

木村拓也の若い頃を振り返る

木村拓也の若い頃を振り返る

1992年:その時、ハートは盗まれた 当時20歳
木村拓哉さんにとって本格的な連続ドラマデビュー作品です。

20代の作品を一気に見ましよう。

年代 タイトル 画像
1992/7 世にも奇妙な物語
『言葉のない部屋』
(当時20歳)

当時19歳

当時20歳

1993/4 泣きたい夜もある
『僕だけの女神』
(当時21歳)

当時20歳

当時21歳

1994/10 若者のすべて
(当時22歳)
当時21歳

当時22歳

 

1995/9 君は時のかなたへ
(当時23歳)
当時22歳

当時23歳

 

1996/4 ロングバケーション
(当時24歳)

当時23歳

当時24歳

1997/4 ギフト
(当時25歳)

当時24歳

当時25歳

1997/10 ラブジェネレーション
(当時25歳)

当時:24歳

当時:25歳

1998/3 織田信長
天下を取ったバカ
(当時26歳)

当時25歳

当時26歳

1999/9 今夜は営業中!
(当時27歳)

当時26歳

当時27歳

2000/1 ビューティフルライフ
(当時28歳)

当時27歳

当時28歳

2001/1 HERO
(当時29歳)

当時28歳

当時29歳

スポンサーリンク



30代の出演作品

年代 タイトル 画像
2002/4 空から降る一億の星
(当時30歳)

当時29歳

当時30歳

2003/1 GOOD LUCK!!
(当時31歳)
当時31歳

当時31歳

 

2004/1 プライド
(当時32歳)
当時32歳

当時32歳

 

2005/4 エンジン
(当時33歳)

当時33歳

当時33歳

2006/1 西遊記 第1話
(当時34歳)

当時34歳

当時34歳

2007/1 華麗なる一族
(当時35歳)

当時35歳

当時35歳

2008/5 CHANGE
(当時36歳)

当時36歳

当時36歳

2009/5 MR.BRAIN
(当時37歳)

当時37歳

当時37歳

2010/5 月の恋人〜
Moon Lovers〜
(当時38歳)

当時38歳

当時38歳

2011/10 南極大陸
(当時39歳)

当時39歳

当時39歳

スポンサーリンク


40代の出演作品

年代 タイトル 画像
2012/10 PRICELESS〜
あるわけねぇだろ、
んなもん!〜
(当時40歳)
当時40歳

当時40歳

 

2013/10 安堂ロイド〜
A.I. knows
LOVE?〜
(当時41歳)
当時41歳

当時41歳

 

2014/3 宮本武蔵
(当時42歳)
当時42歳

当時42歳

 

2015/4 アイムホーム
(当時43歳)

当時43歳

当時43歳

2017/1 A LIFE〜愛しき人〜
(当時45歳)

当時45歳

当時45歳

2018/1 BG〜身辺警護人〜
(当時46歳)

当時46歳

当時46歳

2019/10 グランメゾン東京
(当時47歳)

当時47歳

当時47歳

2020/1 教場
(当時48歳)

当時48歳

当時48歳

2021/1 教場II
(当時49歳)

当時49歳

当時49歳

スポンサーリンク



50代の出演作品

年代 タイトル 画像
2022/4 未来への10カウント
(当時50歳)
当時50歳

当時50歳

 

2023/4 風間公親-教場0-
(当時51歳)
当時51歳

当時51歳

 

2024/4 BeLieve~
君にかける橋
(4月スタート)
完全オリジナル大作

 

スポンサーリンク


まとめ

まとめ

まとめ

木村拓哉さんは、1987年にジャニーズ事務所に入所して以来、30年以上第一線で活躍し続ける、日本のエンターテイメント界を代表するスターであると言えます。

彼は、ドラマ、映画、音楽、バラエティなど、様々な分野で活躍し、その才能とカリスマ性で多くのファンを魅了し続けています。

常に新しいことに挑戦し、進化し続ける木村拓哉さんの姿は、多くの人々に夢や感動を与え続けています。

今後も、木村拓哉さんの活躍から目が離せない。

あなたにおすすめの広告
スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
jasuminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました